smarecoの使い方

smarecoDIARYの使い方

Smareco Diaryは、スケジュールを書き込む「カレンダーページ」とメモなどを書き込む「ノートページ」で構成されています。専用アプリを立ち上げカレンダーのページを撮影すると、年月を自動認識し、適切な年月順で保存します。
撮影したカレンダーの任意の日付にアプリ上でメモを記入したり、ノートページを撮影してカレンダーの日付にリンクさせられますので、普段は使い慣れた手書きのダイアリーとしてお使い頂きながら、検索や追記に便利なデジタルの利便性を手軽に活用できます。
お使い頂いた専用ダイアリーを丸ごとアプリ内に保存できますので、今後の年間スケジュール管理は過去から未来までスマートフォン一台で行なえます。
撮影されたノートページのデータはスマートフォンで保存・管理するだけでなく、メールで送信したり、Evernoteにアップロードできます。
カレンダーの撮影方法
カレンダーは、見開きで一度に撮影可能で、自動的に撮影後左右のページが合成されます。
1 綴じ部をしっかり押さえて、湾曲しない様に開いてください。
2 アプリを起動し、カレンダー画面でカメラボタンにタッチし、カレンダー撮影モードにします。
3 設定マーク(設定)をタッチし、四隅認識方法を四角マーカーか三角マーカーかを設定してください。2013年版は、三角マーカーをご使用ください。
4 サイズ選択ボタンで、ダイアリーのサイズを選びます。
(一度選択されたサイズ設定は保存されます)
5 撮影は明るいところで、紙面に対しできるだけ正面から行ってください。
カレンダーは、見開き四隅のマークが画面の枠の中に入るように撮影してください。
6 撮影が終了すると、調整され一枚のカレンダーになります。また、月を自動選択します。問題なければ保存、月が間違えなら変更、再度撮影の場合は破棄を選択下さい。
7 画面上部の<年>、<月>の表示をフリック操作する事で、カレンダーを切り替える事が出来ます。
8 カレンダーの拡大・縮小もできます。

カレンダーの撮影方法
1 アプリのカレンダー画面のWeekをタッチし、週間カレンダーに切り替え、カメラボタンをタップして下さい。
2 撮影が終了すると、調整され一枚の週間カレンダーになります。また、を自動選択します。問題なければ保存、月が間違えなら変更、再度撮影の場合は破棄を選択下さい。
3 画面上部の週間表示にタップすると、その週のカレンダーに切り替わります。また、週間表示の両側にある[<][>]をタッチして頂くと前月、翌月に切り替わります。
4 週間カレンダーも拡大・縮小できます。
カレンダーへのメモの記入
1 カレンダー上でメモしたい日付にタッチします。
2 その日付のノート一覧画面に移動します。
3 メモボックスにタッチすると、キーボードが立ち上がり、メモを入力する事が出来ます。
4 完了を押し、カレンダーに戻ると、その日付に赤いMが表示され、メモが書き込まれている事を示します。
その日付をタッチすれば、メモを確認、編集することができます。
ノートの撮影方法
ノートページは、3種類の方法でカレンダー上の日付にリンクさせて保存する事が出来ます。
1.OCRを利用して日付指定する
 
2 その日付のノート一覧画面で、カメラボタンにタッチします。
 
3 撮影モードに変わります。サイズ選択ボタンでダイアリーのサイズを選びます。
1 ノートページの四隅のマークが画面の枠の中に入る様に撮影してください。
 
1 各項目をタッチする事でタイトル、コメント、タグの入力、作成日の変更ができます。
 
1 カレンダーページに戻ると、指定した日付に「」マークが付けられ、その日にちにリンクされたメモが存在する事が表されます。
2.カレンダー上で日付を指定してノートを撮影する
1 カレンダー上でリンクさせたい日付にタッチします。
 
1 その日付のノート一覧ページに移動します。
以下は【1.OCRを利用して日付を指定する】の(3)以降と同じです
3:手動で日付設定する
1 日付書込み欄に何も書かずにカメラでノートページを撮影します。
※撮影方法は上記同様です。
 
1 ノートページが自動補正され、日付設定ドラムが表示されますので、任意の日付を設定してください。
※初期設定時は、撮影した年月日になっています。
カレンダーの撮影方法
5 始めに同期メモで作成で作成した情報は「googleカレンダー」「iOSカレンダー」としてリンクして使う事ができます。カレンダー画面の各種設定ボタンにタッチし、設定画面のカレンダー設定でリンクするカレンダーを選択します。
※スマートフォンカレンダーかgoogleカレンダーのどちらか選んで同期します。
5 メモしたいカレンダーの日付にタッチし、メモ一覧画面に移ります。同期メモをタップするとスケジュール入力画面が立ち上がり、スケジュールなどのメモが入力できます。
5 リンク先のカレンダーが設定されている場合、カレンダー画面に戻るとメモがある日付に緑の「」マークが表示されます。また、リンク先のカレンダーにメモがある場合も、その日付に「」マークが表示されます。「」マークの日付をタップするとメモが確認できます。
アプリのいろいろな機能
編集機能
様々な編集機能が利用できます。
(1)ペン描画
手書きでノート画面上に書き込みできます。
線の色や太さ、透明度などが選択できます。
(2)コントラスト
撮影後の明暗を調整できます。
(3)図形描画
手書きでノート画面上に図形を書き込みできます。
図形の色や形状などが選択できます。
(4)消しゴム
手書き線や図形を消します。
(5)
画面を移動します。
 
機能設定