smarecoの使い方

smarecoMARKERの使い方

smareco MARKER は専用マーカーでラインを引いた参考書や単語帳などを専用アプリで撮影することで、 画面上でラインを引いた箇所の表示/非表示の切替えが行える様になる暗記学習ツールです。 アプリを活用したデジタル学習と、これまでの様に赤シートを使用するアナログ学習の両方をサポートします。 片手で表示の切替えが行えるので、通学の電車の中や空き時間を活用した学習に役立ちます。
スマレコマーカー
基本的な使い方
1 参考書などの中で隠したい部分にスマレコマーカーでラインを引きます。
2 ラインを引いた箇所が全て白い枠の中に納まる様に撮影します。
3 台形補正画面で取り込みたい範囲を選択します。

4 アプリが台形補正・ラインの認識を行います。補正・認識が完了すると
自動でデータ化し保存します。
5 表示/非表示はタッチするだけで切替えることが出来ます。
アプリを活用したデジタル暗記学習です。
撮影した参考書は赤シートでアナログ学習が行えます。
ノートの撮影方法
追加モードと削除モード 保存したデータは閲覧画面から編集することができます。
ペンツールや図形ツールを使って書き込みが行えます。
「マーカー追加/削除モード」では自由にラインを引いたり消すことが可能です。
マーカー送り機能
追加モードと削除モード マーカー送り機能ではタッチで上から順番にラインの表示/非表示の切替と
移動を行います。
電車の中などの狭い場所でも、片手で簡単に暗記学習が行えます。
マーカー追加モード
追加モードと削除モード マーカー追加モードでは自由にラインを引くことができます。
ラインの引き忘れや、後から重要だと気が付いた時など必要な時に
なぞるだけでマーカーを増やすことができます。
マーカー削除モード
追加モードと削除モード マーカー削除モードでは自由にラインを消すことができます。
間違えてラインを引いてしまった時や、覚えた部分のラインを消したい場合に
タッチするだけでマーカーを消すことができます。